ブログ運営

グーグルアドセンス広告を簡単に設置ができるプラグイン、AdSense Pligin WP QUADSの設置方法や使い方を紹介します!

[cc id=3705 title=”広告1″]

こんにちは、ヨシラテです。

グーグルアドセンスに合格したはいいが、アドセンス広告の貼り方がイマイチわからないという人は、簡単に任意の場所に設置ができるプラグインをおすすめします。

「AdSense Pligin WP QUADS」というプラグインで、初心者でも簡単に使うことができますよ。

アドセンス広告を簡単に貼ることができる、「AdSense Pligin WP QUADS」のプラグインの設置方法や使い方、動作確認を紹介します。

[cc id=3657 title=”広告2″]

[cc id=701 title=”目次の位置”]

AdSense Pligin WP QUADSの設置方法について

まずは、ワードプレスのダッシュボードのプラグイン → 新規追加をクリックします。

「AdSens Plugin WP QUADS」をインストール → 有効化をクリックします。

プラグインは、有効化をしないと使うことができないので注意してください。

AdSense Pligin WP QUADSの使い方について

有効化後にワードプレスのメニューバーに「WP QUADS」が表示されるので → Ad Settingsをクリックします。

メニューの「ADS」という項目を選択します。

「ADS」はアドセンスという意味のようです。

英語で表記されているので、Google Chromeの拡張機能である日本語翻訳を使うと日本語になるのでとても便利です。

広告のコードは1〜10個まで、設定できます。

まずは広告1を選択します。

赤い枠の空白の部分に自分のアドセンスコードを貼り付けます。

レイアウトを選ぶことができますが、見栄えがいい中央揃えをおすすめします。

自分のアドセンスコードは、Google AdSenseの管理画面 → 広告 → 広告ユニット → コードを取得からコピーをします。

ここでは「レンタングル大」とあらかじめ設定しているコードを取得します。

広告コードが表示されるので、コピーします。

そして、広告1の空白の部分にコードを貼り付けて、変更を保存を押します。

AdSense Pligin WP QUADSの動作確認について

実際に動作しているか、確認します。

テキスト入力での確認をしました。タイトルは、テストとしています。

「Ads」というボタンが表示されているのが、わかります。

そのボタンを押すとテキスト上に

という文字が表示されます。

プレビューで確認すると、このようにアドセンス広告が中央に表示されていると思います。

これで動作確認終了です。

AdSense Pligin WP QUADSのまとめ

グーグルアドセンス広告を簡単に設置ができるプラグイン、「AdSense Pligin WP QUADS」の設置方法と使い方を紹介しました。

このプラグインを設定していれば、記事の好きな場所に簡単にグーグルアドセンス広告を貼りつけることができます。

便利なので、おすすめします。

[cc id=697 title=”締めの挨拶”]

[cc id=3657 title=”広告2″]