【革靴の磨き方】お手入れ・ブラシング・つや出し・クリーム・おすすめの道具も紹介!

ファッション
悩んでいる人
悩んでいる人

革靴の磨き方やお手入れの仕方がわからない。誰かおしえてほしい。


こんな疑問にお答えします。


こんにちは、ヨシラテです。


そもそもなんで革靴は磨いたり、お手入れをしないといけないのか?


それは革靴を磨くことで、長持ちをさせてずっと履き続けることができるからです!


さらにおしゃれは足元からともいいますし、足元って結構目がいきません?


靴一つでその人の印象ってかなり変わると思いますよ。


僕は自分で革靴を磨くんですけど、道具と手順さえ覚えれば簡単に作業ができます。


そして革靴に対してかなり愛着がわきますよ。


靴磨き屋さんで教えてもらった、革靴磨きの方法、お手入れ、磨く頻度、おすすめの道具などなど、紹介します!

スポンサーリンク

革靴を磨くときに使うおすすめの道具たちを紹介!

革靴の磨きやお手入れに使う道具はこちらです!

①馬毛ブラシ

②豚毛ブラシ

③ウエス

④クリーナー

⑤クリーム

この子たちを使えば革靴はきれいに仕上がりますよ。


1つずつ紹介しますね。

革靴を磨くときのおすすめの道具1:馬毛ブラシ

革靴磨きにブラシは必須のアイテムです。


汚れを取ったり、クリームをなじませたり種類によって使い分けをしますよ。


最初に紹介するのは、馬毛ブラシです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f319b7eae322d2f3f748a38e14c6ee0d-300x132.jpg

馬毛ブラシは、基本的には革靴についているホコリを取るのに使います。


この馬毛ブラシは、毛先がとてもやわらかいのが特徴です。


革靴の表面にホコリや汚れなどがついたままクリームを塗ると、保湿効果が発揮されません。


馬毛ブラシでホコリをとりましょう。

革靴を磨くときのおすすめの道具2:豚毛ブラシ

同じブラシでも次に紹介するのは、豚毛ブラシです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2e333d440e6335a8f501d9c1b064ff13-300x92.jpg

豚毛ブラシは、毛先が少し硬くコシがあるのが特徴です。


豚毛ブラシは仕上げのクリームをぬった後にブラッシングするのに使いますよ。


ブラッシングすることでクリームをなじませる効果があるです。


さらに豚毛ブラシは毛先が硬いので、革靴の底についたドロなどを落とすのにも有効です。

革靴を磨くときのおすすめの道具3:ウエス

ウエスは、クリーナーやクリームを革靴につけるときに使います。


コットン素材がおすすめなので、いらなくなったコットン素材のTシャツとかでいいですよ。

革靴を磨くときのおすすめの道具4:クリーナー

次はクリーナーの紹介です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_1062-91x300.jpg

クリーナーは革靴の汚れをおとし、栄養を与えます。


さらに色を鮮明にさせる効果も期待できます。


コロニルのクリーナーのレザーソープは汚れが落ちるので、おすすめします。

革靴を磨くときのおすすめの道具5:クリーム

最後に紹介するのは、クリームです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_1084-1-300x239.jpg

ウォーターストップカラーズは仕上げに使うクリームです。

アーモンドオイルが入っているそうです。

防水やつやなどが出る補色の効果があります。

私の靴は茶色なので、オイルの色は「ミディアムブラウン」を使っています。

自分の靴の色に合ったクリームをおすすめします。

この2つは皮革製品であるバックやサイフにも使えます。

革靴を磨く手順を紹介!

靴磨きの頻度は?

使用する回数や汚れ度合いにもよりますが、基本は月に1回で、馬毛でのほこりを落とす作業は毎日した方がいいとのことです。

履いて外に出ると結構ホコリや汚れがつくので、ブラッシングするだけでもかなり効果的です。

靴磨きの手順について

馬毛のブラシで表面についているホコリを落とします。

レザーソープをウエスにつけてなじませます。

泡をウエスにこすり合わせて、泡がなくなったら靴を磨きます。

私は不要になったTシャツを使っています。

このときにレザーソープを直接靴にかけないでください。

靴の種類によっては色が変色しますので。

つま先から円を描くように磨いていきます。

一日置きます。

レザーソープが完全に乾くのを待つためです。

ウォーターストップカラーズをウエスにつけます。

靴磨き屋さんが言うには、米粒くらいでいいそうです。

えっそんな少量でいいの?と思いましたが、結構効果があります。

ウエスになじませて、つま先からぬりこませていきます。

そしてコットンでふきます。

最後の仕上げで豚毛ブラシが登場します。

ブラッシングして全体になじませて終了です。

手入れ前と後では色合いが全然違いますね。

とてもきれいになっています。

靴磨きのまとめ

靴磨きの方法を説明しました。

自分で手入れをすることで愛着もでてきて、大事にしていこうという気持ちになりますよね。

みなさんも是非一度靴磨きをしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました