【革靴の磨き方】お手入れ・ブラシング・つや出し・クリーム・おすすめの道具も紹介!

ファッション
悩んでいる人
悩んでいる人

革靴の磨き方やお手入れの仕方がわからない。誰かおしえてほしい。


こんな疑問にお答えします。


こんにちは、ヨシラテです。


そもそもなんで革靴は磨いたり、お手入れをしないといけないのか?


それは革靴を磨くことで、長持ちをさせてずっと履き続けることができるからです!


さらにおしゃれは足元からともいいますし、足元って結構目がいきません?


靴一つでその人の印象ってかなり変わると思いますよ。


僕は自分で革靴を磨くんですけど、道具と手順さえ覚えれば簡単に作業ができます。


そして革靴に対してかなり愛着がわきますよ。


靴磨き屋さんで教えてもらった、革靴磨きの方法、お手入れ、磨く頻度、おすすめの道具などなど、紹介します!

スポンサーリンク

革靴を磨くときに使うおすすめの道具たちを紹介!

革靴の磨きやお手入れに使う道具はこちらです!

①馬毛ブラシ

②豚毛ブラシ

③ウエス

④クリーナー

⑤クリーム

⑥コットン素材の布

この子たちを使えば革靴はきれいに仕上がりますよ。


1つずつ紹介しますね。

革靴を磨くときのおすすめの道具1:馬毛ブラシ

革靴磨きにブラシは必須のアイテムです。


汚れを取ったり、クリームをなじませたり種類によって使い分けをしますよ。


最初に紹介するのは、馬毛ブラシです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f319b7eae322d2f3f748a38e14c6ee0d-300x132.jpg

馬毛ブラシは、基本的には革靴についているホコリを取るのに使います。


この馬毛ブラシは、毛先がとてもやわらかいのが特徴です。


革靴の表面にホコリや汚れなどがついたままクリームを塗ると、保湿効果が発揮されません。


馬毛ブラシでホコリをとりましょう。

革靴を磨くときのおすすめの道具2:豚毛ブラシ

同じブラシでも次に紹介するのは、豚毛ブラシです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2e333d440e6335a8f501d9c1b064ff13-300x92.jpg

豚毛ブラシは、毛先が少し硬くコシがあるのが特徴です。


豚毛ブラシは仕上げのクリームをぬった後にブラッシングするのに使いますよ。


ブラッシングすることでクリームをなじませる効果があるです。


さらに豚毛ブラシは毛先が硬いので、革靴の底についたドロなどを落とすのにも有効です。

革靴を磨くときのおすすめの道具3:ウエス

ウエスは、クリーナーやクリームを革靴につけるときに使います。


コットン素材がおすすめなので、いらなくなったコットン素材のTシャツとかでいいですよ。

革靴を磨くときのおすすめの道具4:クリーナー

次はクリーナーの紹介です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_1062-91x300.jpg

クリーナーは革靴の汚れをおとし、栄養を与えます。


さらに色を鮮明にさせる効果も期待できます。


コロニルのクリーナーのレザーソープは汚れが落ちるので、おすすめします。

革靴を磨くときのおすすめの道具5:クリーム

最後に紹介するのは、クリームです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_1084-1-300x239.jpg

ウォーターストップカラーズは仕上げに使うクリームです。


アーモンドオイルが入っていて、防水効果やつや出しなどの効果があります。


この革靴は茶色なので、クリームの色は「ミディアムブラウン」を使っています。


自分の革靴の色に合ったクリームを選びましょう。


クリーナーとクリーム、この2つは皮革製品であるバックやサイフにも使えますよ。

革靴を磨くときのおすすめの道具6:コットン素材の布

コットンは革靴についた余分なクリームを拭きとるのに使います。


コットンで拭き取ることで、表面につやが出てきますよ。


使わなくなったコットン素材のシャツなどでも大丈夫ですよ。

革靴を磨く手順を紹介!

悩んでいる人
悩んでいる人

革靴を磨く手順をおしえて!

これが靴磨きの手順だ!
  • 手順1
    馬毛ブラシでブラッシングする

  • 手順2
    クリーナーをウエスにつけて革靴を磨く

  • 手順3
    オイルをウエスにつけて革靴にぬる
  • 手順4
    コットンで拭きとる
  • 手順5
    豚毛ブラシでブラッシングする

1つずつやっていきましょう。

馬毛ブラシでブラッシングする

直接、クリーナーで汚れを落とす前に馬毛のブラシで表面についているホコリを落としますよ。


これが第一段階です。

クリーナーをウエスにつけて革靴を磨く

次に汚れを落としていきます。


クリーナーをウエスにつけてなじませます。


クリーナーの泡をウエスにこすり合わせて、泡がなくなったら革靴を磨きますよ。


僕は不要になったTシャツを使っています。

このときにクリーナーをを直接靴にかけないでくださいね。


革靴の種類によっては色が変色しますよ。


そして、つま先から円を描くように磨いていきます。


愛情を込めて磨いていくださいね。


そして、一日置きます。


寝かせるんです。


その理由は、クリーナーが完全に乾くのを待つためです。

オイルをウエスにつけて革靴にぬる

1日たったら、次はオイルをぬっていきます。


オイルをウエスにつけます。


靴磨き屋さんが言うには、米粒くらいでいいそうです。


えっそんな少量でいいの?と思いましたが、結構効果がありますよ。

ウエスになじませて、つま先からぬりこませていきます。


これも愛情を込めてぬりこんでいきます。

コットンで拭きとる

そしてコットンでふきますよ。

豚毛ブラシでブラッシングする

いよいよ最後の段階ですよ。


最後の仕上げで豚毛ブラシが登場します。


ブラッシングして全体になじませて終了です。


手入れ前と後では色合いが全然違いますね。


とてもきれいになっています。

300

靴磨きの頻度は?

使用する回数や汚れ度合いにもよりますが、基本は月に1回がいいそうです。


でも革靴をはいた日は、必ず馬毛でブラッシングして表面についたホコリを落とした方がいいとのことです。


やはり外に出ると結構ホコリや汚れがつくので、ブラッシングするだけでもかなり効果的です。

革靴磨きのまとめ

革靴の磨き方や使う道具を紹介しました。


自分で手入れをすることで愛着もでてきて、大事にしていこうという気持ちになりますよね。


みなさんも是非一度、革靴磨きをしてみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、ヨシラテでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました