商品レビュー

チョコレート効果のカカオポリフェノールがすごい!ポイントもためて商品をゲットしよう!

チョコレート効果
チョコレート効果が気になる人
チョコレート効果が気になる人
チョコレート効果のカカオポリフェノールって何?気になる。

 

そんな疑問にお答えします。

 

明治が販売しているチョコレート効果」には、普通のチョコレートよりも高いカカオポリフェノールが含まれていています。

 

このカカオポリフェノールってよく聞くけど、どんな効果があるんでしょう?

 

結論からいうと、チョコレート効果に含まれる効果カカオポリフェノールには、血圧を下げる効果、動脈硬化を予防する効果、美容効果、アレルギーを防ぐ効果が期待できます!

 

パッケージには美と健康を考えた高カカオポリフェノール」と書いてありますよ。

 

そう、チョコレート効果は美と健康にいいチョコレートなんです!

 

しかも今ならキャンペーン中なので、ポイントをためて応募すると、商品もゲットできますよ。

 

そんな美と健康を考えたチョコレート効果を紹介します。

 

この記事を読んでわかること!

 

・ポイントキャンペーンの内容

・チョコレート効果72%と86%どっちがおいしいのか

・1粒のカロリーや栄養成分

・カカオポリフェノールの効果etc

 

チョコレート効果のポイントキャンペーンを紹介!

2020年2月28日までキャンペーンをしているので、チョコレート効果を買って応募しましょう!

 

3つのコース内容を紹介します。

 

6ポイントコースは、オリジナルQOUカード500円分です。

チョコレート効果のポイントキャンペーン出典:チョコレート効果のサイト

 

12ポイントコースは、明治プロビオヨーグルトギフト券36枚です。

チョコレート効果のポイントキャンペーン出典:チョコレート効果のサイト

 

最後は、24ポイントコースです。LTBえらべるギフト、たびもの選華(30,000円コース)&JTB旅行券(10,000円コース)です。

チョコレート効果のポイントキャンペーン出典:チョコレート効果のサイト

 

24ポイントコースは、かなり豪華商品となっていますね。

 

詳しい内容は、チョコレート効果のサイトから確認できますよ。

 

チョコレート効果のキャンペーンを確認

チョコレート効果のカカオ72%と86%はどっちがおいしい?

今回、チョコレート効果のカカオ72%と86%の食べ比べをしました。

 

どっちがおいしいのか?

 

カカオの含有量が14%違うと味はどう違うのか?気になりますよね。

 

ちなみに、同じ明治が販売しているミルクチョコレートは、カカオが35~40%含まれています。

 

こちらは両方のパッケージですが、72%はグリーンで86%はゴールドです。

チョコレート効果まずはカカオ72%から食べてみます。

チョコレート効果カカオ72%パッケージには苦味のレベルが表示されています。

 

カカオ72%はレベル3.5で、ほどよい苦味と表現されています。

チョコレート効果カカオ72%袋を開けるとこのように1枚ずつ封がされています。

チョコレート効果カカオ72%ポリフェノール は1毎当たり127mg配合されています。

チョコレート効果カカオ72%1枚は小さいですね。1口サイズですよ。

チョコレート効果カカオ72%真ん中にくぼみがるので、半分に折ることもできます。

チョコレート効果カカオ72%意外と厚みもあるようです。

チョコレート効果カカオ72%実際に食べた感想は、少し苦味ありますが食べやすいと思います。

 

パッケージに「ほどよい苦味」と表示してある通り、苦味はきつくありません。

 

でも甘くはないですよ。

 

次は、カカオ86%です。こちらは、苦味レベル4.5で力強い苦味と表示されていますね。

チョコレート効果カカオ86%これはかなり苦そうですね。

サイズは、72%と同じです。

チョコレート効果カカオ72%と86%ポリフェノール は1毎当たり147mg配合されています。

 

72%のチョコより20mgも多く含まれています。

チョコレート効果カカオ86%こちらも真ん中にくぼみがあります。

チョコレート効果カカオ86%厚みもありますよ。

チョコレート効果カカオ86%こちらは、かなり苦味が強いです。

 

というかもはやチョコレートという感じはしません・・・。

 

結果、チョコレート効果の72%と86%どっちがおいしいのか?

 

個人的には、72%の方がおいしいです。

 

やはり、苦味が少ないので食べやすいです。

チョコレート効果の1粒のカロリーと栄養成分は?

カカオ72%の1枚(5.0g)当たりのカロリーと栄養成分です。

エネルギー 28kcal
タンパク質 0.5g
脂質 2.0g
炭水化物 2.2g
糖質 1.6g
食物繊維 0.6g
食塩相当量 0g

 

カカオ86%の1枚(5.0g)当たりのカロリーと栄養成分です。( )内の数字は、72%と差を表示しています。

エネルギー 29kcal(+1)
タンパク質 0.7g(+0.2)
脂質 2.3g(+0.3)
炭水化物 1.8g(-0.4)
糖質 1.0g(-0.6)
食物繊維 0.8g(+0.2)
食塩相当量 0g

 

ダイエットをしている人は、糖質が少ないカカオ86%を選んだ方がいいかもしれません。

チョコレート効果の効果は?カカオポリフェノールのすごい効果を紹介!

チョコレート効果カカオ72%と86%チョコレート効果って、どういう効果があるのか疑問ですよね。

 

チョコレート効果にはカカオポリフェノールが配合されていますが、このカカオポリフェノールが体にとってとてもいい効果が期待できる成分なんです。

 

カカオポリフェノールとは、カカオに含まれるポリフェノールのことで、ポリフェノール自体、植物に存在する苦みや色素の成分で、抗酸化作用が強い特徴を持っています。

 

カカオポリフェノールってすごいですよ。

 

体にとっていいことだらけの成分なんです!

カカオポリフェノールは血圧を低下させる効果がある!

血圧は血管の壁が硬くなったり詰まったりすることで高くなりますが、カカオポリフェノールには血管を広げる作用があるそうです。

 

高血圧の人は、チョコレート効果を食べることで効果が期待できるかもしれません。

カカオポリフェノールは動脈硬化を予防する効果がある!

動脈硬化の原因の1つに活性酸素がありますが、悪玉コレステロールが活性酸素に刺激され酸化します。

 

それが動脈硬化に影響し、また高血圧も動脈硬化に影響します。

 

カカオポリフェノールは、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。

カカオポリフェノールは美容効果がある!

肌にダメージを与える活性酸素の働きを抑制してくれる働きがあります。

 

女性にとってはうれしい効果ですね。

カカオポリフェノールはアレルギーを防ぐ効果がある!

抗アレルギー効果を示すことがわかっているそうです。

 

個人差はあると思いますが、ハウスダストや花粉に対するアレルギーがある人にはチョコレート効果を試してみるのもいいかもしれません。

チョコレート効果を食べる時間や個数は?

多くの効果が期待できるカカオポリフェノールですが、一度にたくさん食べても排出されてしますそうです。

 

またカカオポリフェノール自体、体内にとどめておくことはできないようです。

 

カカオポリフェノールを効率よく摂取するにはどうしたらいいのでしょうか?

引用元:https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/chocokoka/

チョコレート効果のサイトでは、ガッキーさんが1日に3〜5枚が目安と言っています。

 

食べる時間は、朝や午前中、午後や夕方、そして夜に分けて食べるといいそうですよ。

 

時間をあけて、継続して食べるのがポイントです。

チョコレート効果は健康食としてもおすすめ!

明治が販売している、チョコレート効果について紹介しました。

 

カカオポリフェノールは、体にとってとてもいい成分なのでチョコレート効果を食べて、美と健康を手に入れましょう。

 

ぜひ、お試しください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ヨシラテでした。