熊本グルメ

一風堂の白丸と赤丸の違いって?白丸と赤丸を食べ比べた感想を紹介

一風堂の熊本十禅寺店

一風堂のラーメンには白丸と赤丸の2つがありますが・・・、

 

白丸と赤丸は何が違うの?

 

どっちがおいしいの?

 

こんにちは、ヨシラテ(@yoshirate)です。

 

一風堂ラーメンの白丸と赤丸の違いと、どっちがおいしくておすすめなのか。

 

両方を食べた比べた僕が紹介します。

一風堂の熊本十禅寺店のお店情報

一風堂の熊本十禅寺店の外観です。

一風堂熊本十禅寺店

お店入り口横には喫煙所が設置してあります。

一風堂熊本十禅寺店

のれんをくぐって店内へ。

一風堂熊本十禅寺店

店内はファミリーレストランのようなテーブル席もあるので、家族で食べに来れますよ。

一風堂熊本十禅寺店

実際僕が行ったときも家族連れのお客さんもいました。カウンター席もあるので、一人で食べることもできますよ。

 

ヨシラテ
ヨシラテ
お店の基本情報です。
店名 博多一風堂熊本十禅寺店
営業時間 11:00〜翌1:00
電話番号 096-312-2100
住所 熊本市南区十禅寺2-8-1
駐車場

一風堂ラーメンの白丸はどんな味?あっさり系の味

引用元:一風堂のサイト

 

創業当時からある白丸は、一風堂ラーメンの原点の味です。

 

オーダーしたのは白丸元祖のチャーシュー4枚増しのメニュー、その名も・・・、

 

白丸チャーシュー4枚増!

 

値段は1,000円と少し高めです。

一風堂の白丸

通常の白丸元祖は790円で、チャーシューはもれなく2枚ついてきます。

 

4枚増しなので、チャーシューは計6枚です。

 

チャーシュー好きにはたまらないメニューじゃないでしょうか!

 

アップしときますね。なんかこの写真だけで、白ごはん1杯いけそうです!

 

チャーシュー以外には、キクラゲとネギがトッピングされているだけのいたってシンプルなとんこつラーメンです。

 

とんこつというと、少しこってりとしたイメージがあるかと思いますが、スープはあっさりしてかなり飲みやすいです。

 

写真を撮り忘れましたが、麺はもちろん細麺です。するすると口に入っていきますよ。

 

いやー、普通においしいですね!

 

肝心のチャーシューはというと・・・、

 

めっちゃジューシーです!

 

醤油ダレが染み込んでいてとてもいい味がでていますよ。おいしい1杯となっています。

 

白丸はあっさり系で食べやすい!

一風堂ラーメンの赤丸はどんな味?濃い系の味

引用元:一風堂のサイト

 

赤丸新味は、一風堂自家製の香味油と辛みそが加わった革新のラーメンとなっています。

 

値段は、820円です。

 

赤丸新味のアップです。ラーメン中央にある赤い物体が辛みそで、その上部にある黒っぽいのが香味油ですね。

白丸元祖のスープと比べるとわかりますが、赤丸新味は背脂?のようなものが浮いています。

 

赤丸新味は、白丸元祖よりもスープの味は濃厚で濃いめです。

 

あっこのときは、香味油と辛みそはまだ混ぜ混ぜしてませんよ。

こちら赤丸新味の細麺です。こちらも細麺なのでするするといけます。

チャーシューです。

白丸元祖同様に醤油ダレが染み込んでいて、いい味がだしてます。

 

そして、香味油と辛みそを混ぜて食べると・・・、

 

ぴり辛とうま味がアップします!

 

辛さのせいか、すごく汗をかきます・・・(個人差あります)。

赤丸を食べるときは汗ふきタオルを持っていきましょう!

赤丸はコクと濃い味、辛みそで味の変化を楽しむことができる!

 

白丸元祖とは一味違う革新の1杯となっています。

一風堂ラーメンの白丸元祖と赤丸新味はどっちがおいしい?

結局白丸元祖と赤丸新味は、どっちがおいしいの?

 

正直・・・、どっちもおいしいです。

あっさり系が好みの人なら、白丸元祖をおすすめします。

 

濃い味や辛み系が好みの人なら、赤丸新味をおすすめします。

一風堂ラーメンのツイッターでの口コミを紹介

ここからはツイッターでの口コミです。

 

ヨシラテ
ヨシラテ
半熟煮玉子のトッピングいいですね。

ヨシラテ
ヨシラテ
辛いの好きな人はやはり、赤丸新味が人気でしょうか!

ヨシラテ
ヨシラテ
白丸元祖は、あっさりしてますよね!

ヨシラテ
ヨシラテ
チャーシュー最高ですよね。

白丸元祖、赤丸新味どちらもおいしいですよね。

一風堂のとんこつラーメンはおすすめ

白丸元祖、赤丸新味どちらもおいしい一風堂のとんこつラーメン!

 

ぜひ足を運んでみてください。

 

一風堂の店舗一覧はこちらから!

一風堂の店舗一覧

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、ヨシラテ(@yoshirate)でした。