駆風解毒散(くふうげどくさん)は効く?口コミや効果を紹介!

スポンサーリンク
商品レビュー
悩んでいるネコ
悩んでいるネコ

駆風解毒散は効くのだろうか?口コミや効果を知りたい!


こんな疑問にお答えします。


結論からいうと駆風解毒散(くふうげどくさん)は、喉が腫れて痛むときや扁桃炎、扁桃周囲炎などにも効果がある漢方薬です!


僕ものどが痛い時には重宝している漢方の一つです。


ただ駆風解毒散(くふうげどくさん)は、喉の痛み、特に初期症状に効果があるので、喉が痛み始めたなっていうときに飲むのがおすすめです。


そんな駆風解毒散(くふうげどくさん)を紹介します!

created by Rinker
松浦薬業
¥916 (2024/02/29 18:52:59時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

駆風解毒散(くふうげどくさん)の効果と効能を紹介!

こちらはドラッグストアのコスモスで購入した駆風解毒散です。

駆風解毒散(くふうげどくさん)


パッケージにインパクトがありますね。

駆風解毒散(くふうげどくさん)


成分は、ボウフウ、ゴボウシなど聞きなれない言葉ばかり表記されていますが、これらは漢方薬に使われる生薬です!


これら生薬が喉の炎症を徐々に緩和していき、痛みをやわらげていきます。


そのため、のどが痛くなり始めた初期症状に効果が期待できますよ。

駆風解毒散(くふうげどくさん)のは効く?効果的な飲み方を紹介!

15歳以上は、1回1包を1日3回、食前または食間に水もしくはぬるま湯でゆっくりと飲みます。


薬を服用するときによく耳にする食前、食間、食後という言葉ですが、正しく理解していますか?


食前とは?

一般的には食事をする20~30分くらい前のことを指します。


食間とは?

食事と食事の間という意味で、一般的に食後2時間程度のことを指します。


食後とは?

食事が終わって20~30分後までのことを指します。


駆風解毒散(くふうげどくさん)の箱を開けると、1包が15回分入っています。

駆風解毒散(くふうげどくさん)


包の中身は、このように粉状になっています。

駆風解毒散(くふうげどくさん)


このまま水で飲んでもいいのですが、さらに効果的な飲み方を紹介しますね。


添付文書にも書いてありますが、うがいをしながら、少しずつゆっくりと痛みがある部分(患部)にあてながら飲むとかなり効果的です


そう、痛みがあるのどにあてながら飲むのが駆風解毒散の効果的な飲み方なんですよ。


僕もこのうがいをしながら患部にあてながら飲んでいますが、結構効果があります!


成分だけを見ると苦くて飲みにくそうな印象がありますが・・・、かなり飲みやすいです!


また「細粒タイプ」と書いてある通り、細かい粉状になっていて、サッと溶けます。


漢方独特の臭みや苦味はそんなに強くないので飲みやすい漢方薬だと思います。


ぬるま湯などで少しずつうがいをしながら、しっかりと患部にあてて飲んでくださいね。

駆風解毒散(くふうげどくさん)の口コミを紹介!

駆風解毒散(くふうげどくさん)のツイッターでの口コミを紹介します。

いつから魚をさばきだしたんだろう爆笑

手始めに、駆風解毒散(くふうげどくさん)っていう漢方から試したら結構効いたので、他はまだ試してないという(笑)
飲み方は、漢方を水に溶かして、お口に含んでガラガラしてゴックンするという珍しい感じです😬(笑)

— Shin (@degushin56_613) 2017年9月1日


@Koichikuun 駆風解毒散(くふうげどくさん)!喉だけが痛い時、早めに飲んだらよー効いた!

— 野風 (@sawamihima) 2015年11月7日


やはり駆風解毒散(くふうげどくさん)は、喉の痛みには効果があるようですね。

駆風解毒散(くふうげどくさん)はamazonや楽天でも購入できる!

今回紹介した駆風解毒散(くふうげどくさん)は、ドラッグストアコスモスで購入しましたが、amazonや楽天といった通販サイトでも購入できます。


パッケージは違うようですが、同じ松浦薬業という企業が販売していますので、ぜひチェックしてみてください。

created by Rinker
松浦薬業
¥916 (2024/02/29 18:52:59時点 Amazon調べ-詳細)

駆風解毒散(くふうげどくさん)を飲んでのどの痛みを治そう!

いかがだったでしょうか。


のどの痛みに効果がある漢方の駆風解毒散(くふうげどくさん)について、紹介しました。


のどの痛みが出始めたときは、ぜひ試してみてくださいね。


ただ痛みの緩和には個人差があるので、もし飲んでも痛みが続くようなら、病院に行って抗生剤などの薬をもらってください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


以上、ヨシラテでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました