ガスコンロのアルミ製のカバーシートを使った感想!汚れ防止に超おすすめ!

商品レビュー

[chat face=”nayamu_man1.png” name=”ガスコンロ周りの汚れが気になる人” align=”left” border=”blue” bg=”blue”] ガスコンロを使うと汚れが飛びちってしまう。どうしたらいいんだろか?[/chat]

 

こんな疑問にお答えします。

 

結論からいうと、アルミ製のカバーシートを使うとガスコンロに汚れがつくことはないので、超おすすめしますよ!

 

ガスコンロを使って料理をすると周りに油汚れなどが飛び散って、後々掃除するのってかなり大変じゃないですか?

 

アルミ製のカバーシートを使うと汚れ付着防止になるのでおすすめします。取り付けも簡単にできますよ。

 

アルミ製カバーシートをつけて、思っ切りフライパンを動かして料理しましょう。

 

ガスコンロの汚れを防止する、アルミ製のシートカバーについて紹介します。

スポンサーリンク

アルミ製のカバーシートを紹介!

アルファマットワイドというアルミ製のカバーシートです。

 

これを使うことで、ガスコンロ周りに飛び散る汚れを防止してくれます。

完成図はこのようになります。

 

シートカバーの大きさは、幅33cm、奥行42cmです。

後方の排気口、中央の排気口どちらにも対応することができますよ。

ガスコンロの汚れを防止!アルミ製のカバーシートをつけてみる!

取り付ける前には、必ず使用上の注意は読みましょう。

アルファマットワイドを取り付けるガスコンロです。

 

油汚れが飛び散って、掃除するのが大変でした。

アルミ製のカバーシートは、4枚入りです。まず1枚を取り付けてみます。

左側から取り付けますね。

ガスコンロの五徳(ごとく)を取り外します。

五徳を取り外したら、アルミシートカバーを置きます。

五徳を取り付けます。

右側も同様に取り付けますよ。

排気口の部分と側面の部分を折り曲げて完成です。

こんな感じになります。

油の飛び散りがコンロに直接つくのを防止してくれます。

思い切ってフライパンを動かすことができますね。

ガスコンロの汚れを防止にはアルミ製のカバーシートがおすすめ!

ガスコンロにつく油汚れを防止する、アルミ製のシートカバーを紹介しました。

 

簡単に取り付けることができて、汚れたら捨てることこともできるのでおすすめですよ。

 

ぜひ、お試しください。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

以上、ヨシラテでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました