商品レビュー

お薬手帳を病院に持参するメリット。お薬手帳アプリも紹介。

こんにちは、ヨシラテです。

体調が悪い時などに病院へ受診することがあるかと思いますが、薬をもらうときはお薬手帳を出していますか?

このお薬手帳は、ただ処方された薬を記入するだけの手帳だと思っている人もいるかもしれません。

しかし処方された薬の記入だけではなく、それ以外にもとても大事な役割をしてくます。

お薬手帳は持って行くのが面倒だし、すぐに失くしてしまうという人はスマホのお薬手帳アプリを利用すると、とても利便性がいいと思います。

今回は、お薬手帳のメリットやお薬手帳のアプリについて紹介したいと思います。

[cc id=”701″ title=”目次の位置”]

お薬手帳とは

お薬手帳とは、薬局で薬をもらう時にその薬の名前、用法容量、薬を受け取った日付などを記入して、管理する手帳のことです。

またお薬手帳には、副作用やアレルギーの有無なども書くことができます。

ドラッグストアなどで、市販の薬を購入した時は自分で記入しましょう。
病院で似たような効果がある薬を重複して処方されるのを防ぐことができます。

また、市販の薬にも副作用もありますし、飲み合わせによって危険があることもあります。

お薬手帳を持つことのメリット

お薬手帳を持つことで、以下のようなメリットがあります。

重複投与の防止

他の病院へ受診した時に手帳を見せることで、服用中の薬を確認できるので、重複や飲み合わせが悪い薬の処方などを回避できます。

副作用の再発防止

副作用がある薬を書いておけば、同じ薬が処方されるのを回避できます。

質問がある時のメモ帳として

薬に関する質問があってもいざというときに忘れてしまいがちです。
思いついたら手帳に書きましょう。

災害時や旅行先での急病時に

かかりつけの病院がなくてもお薬手帳があることで、何を服用しているのかわかるので安心です。

減額される

2016年4月の診療報酬の改定で、お薬手帳を持参すると負担金が減額されます。
1割負担で10円、3割負担で40円が減額されます。

ただし、これには条件があり6ヶ月以内に同じ調剤薬局に行った場合です。
6ヶ月以上期間が経っている場合や別の調剤薬局での処方は適応外のようです。

とても便利なお薬手帳のアプリと始まり

スマートフォンなどで管理できるアプリです。
スマホにダウンロードしておくことで、とても利便性がよくなるし、お薬手帳を忘れたということも少なくなりますね。

電子版のお薬手帳の始まりは、2011年に起きた東日本大震災がきっかけだそうです。
多くの避難者が薬を服用していたそうですが、服用している薬を特定するのは難しかったのです。

しかし、お薬手帳を持っている避難者には薬の情報が表記がしてあるので、迅速な対応ができました。

避難時に多くの人が持っていた携帯やスマホにお薬手帳の情報を入れておけば、便利だということがきっかけで、電子化が始まりました。

ここでは、お薬手帳アプリを紹介したいと思います。

日薬eお薬手帳

公益社団法人日本薬剤師会が提供している無料のアプリです。

お薬手帳プラス

日本調剤が提供している無料のアプリです。

まとめ

薬を記入するだけではないお薬手帳のメリットやそのアプリについて紹介しました。

とても重要な手帳なので、ダウンロードしておいた方がいいですね。

[cc id=”697″ title=”締めの挨拶”]

[char no=”1″ char=”ヨシラテ”]お薬手帳アプリは、すごく便利だね。[/char]
[char no=”2″ char=”クロボーイ”]これからは、ペーパーレスだね。[/char]