商品レビュー

ローソンセレクトのハヤシライスがとてもおいしかったので、おすすめします!

[cc id=3705 title=”広告1″]

こんにちは、ヨシラテです。

最近は、レトルト系の食品ってかなりおいしくなっていると思いません?

レトルトは賞味期限も長いし、何より手軽に食べることができるのがうれしいですよね。

僕もたまにレトルト系の食品を食べるんですが、普通においしいし料理する手間も省けるので、ほんと重宝しています。

今回初めて、ローソンが販売しているレトルト食品の一つであるハヤシライスを食べました。

結果からいうと、程よい甘みとコクがあり、かなりおいしかったです。

ローソンセレクトのハヤシライスを紹介します。

[cc id=3657 title=”広告2″]

[cc id=701 title=”目次の位置”]

ローソンセレクトって何?

「ローソンセレクト」とは、ローソンが商品作りからデザインまでを開発していて、食品から日用品までの幅広い分野、約500種類ほどがラインナップされています。

お惣菜やサラダ、加工肉、冷凍食品や乳製品やキッチン用品など様々な種類のものがありますよ。

ローソンでは、利便性、規格、品質、おいしさの4つのコンセプトで私たちの食卓をうれしいものにする、「暮らしの逸品ローソンセレクト」として展開してます。

詳しくローソンセレクトを知りたい人は、こちらをクリック!
ローソンセレクトのサイト

[cc id=3657 title=”広告2″]

ハヤシライスの名前の由来は?

一般的な家庭料理であるハヤシライスですが、その名前の由来はどこからきているのでしょう?

僕が子供の頃は、ハヤシさんという人が開発したと聞かされていましたね。

このハヤシさんとは、丸善創業者のハヤシユウテキさんという人で、創業前は医師として働いていたそうです。

その頃、病院食として牛肉と野菜のごった煮を考案したそうですが、これがハヤシライスの起源になったという説があります。

また「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス」が「ハッシライス」や「ハイシライス」となって、それらがなまり「ハヤシライス」となった説もあるようですね。

諸説ありますが、なんにせよハヤシライスはおいしいのです。

大盛だけど大丈夫?ローソンセレクトのハヤシライスの味は?

ハヤシライスってたまに食べたくなりますよね。

ローソンセレクトのハヤシライスの味はどんな感じでしょうか?

パッケージには、「完熟トマトと玉ねぎでコク深く仕上げた大盛りハヤシ」と書いてあります。

パッケージの写真からもおいしさが伝わってきますね。

作り方は簡単。電子レンジでチンして、白ご飯にかけるだけで完成です。

レトルト食品のメリットは、簡単で手軽にできることです。とてもおいしそうだと思いませんか?

食欲がそそりますね。

アップした写真ですが、湯気でカメラのレンズが少しくもってしまいました。

中身の具は、牛肉と玉ねぎでそれらがルーにからみあっていい味出してます。

完熟トマトと玉ねぎでコク深く仕上げたというキャッチコピーの通り、味はコクがあって、かなりおいしいと思います。

また程よい甘みもあり、食べ応えがありますね。

レストランで出されてもレトルトとは思いませんね。

大盛りだったので、最初は全部食べれるかなと心配しましたが、多すぎずちょうどよかったですよ。

というかおいしいので、ペロッと食べれます。

ローソンセレクトのハヤシライスの気になるカロリーは?

気になるカロリーは、200kcalです。

農林水産省のホームページによると、白ご飯の茶碗1杯は、約150gあっておおよそ240kcalとのことです。

ローソンセレクトのハヤシライスと合わせると、440kcal程度になります。

ローソンセレクトのハヤシライスのまとめ

ローソンセレクトの「完熟トマトと玉ねぎでコク深く仕上げた大盛りハヤシ」について紹介しました。

ハヤシライスが食べたくなったら、ぜひお試しください。

程よい甘みとコクがあってとてもおいしいですよ。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

以上、ヨシラテでした。

[cc id=3657 title=”広告2″]

[cc id=3705 title=”広告1″]